2016年12月24日

この世に舞い降りた 萌える愛のMachine葉



司会発表の日には連絡がなく
2〜3日たってから、「今知ったテイ」で、司会決定お祝いの電話をかけた風間くん(ソースは葉ラジオ)が
何やら今年から暦まで変えたらしいのですが(Jweb参照)
そーんな、(ある方面に)絶大な影響力を誇る、我らがフェアリーが、お誕生日だそうで!







ここ数年恒例の
メンバーのお誕生日ごとに、好きなところを1つずつ増やしていくエントリ。

1.天下無敵のプロポーション :誰が何と言っても、わたくし的には宇宙イチ好きな身体ラインです。
2.情熱と冷静のあいだ(のあいば) :太陽のようでもあり、月のようにも見える不思議な人。
3.周りを巻き込むパワー :みんないつの間にか笑顔
4.意識的なのか無意識なのか、女子のハート掌握術 :絶対リアルにモテると思う。
5.ムチャ振りにも、怪我を恐れず飛び込む心意気
6.伏せ目の威力
7.大野さんに見せるいたわりの心と気遣い :例)トラブルメイカーPVで大野さんを受け止める手とか。モンスターPVメイキングで「今日もお疲れですね」って話しかけてるところとか
8.「しょーちゃん」呼びとあの男子校のノリ :一緒に巻き込まれて同じテンションの櫻井さんも超大好き!
9.二宮さんにだけ「おまえ」呼びするところと、たまに見せる兄ちゃんの眼差し :相葉さんに急に攻められたときの二宮さんの顔とかまじハンパなく可愛い!
10.実はメンバーイチ、松本さんにSなところ :結構強気に、松本さんにきわどい玉投げてますよね!いいぞいいぞ!
11.無邪気と言う名の無敵の鎧 :無邪気って何より強い気がする。
12.明るく健康的なエロ :男子としてのエチケット←?
13.大汗かいてるときの色っぽさ :汗が色っぽいってなかなか高等テクですよ!
14.マジカルソングは奇跡のソロ 
15.その前年の5×10の「ピカンチ」ソロも、相当オトコマエで瞬殺。
16.えくぼ
17コンサートにて、自分の限界を超えてもなお走り続ける気持ちのありよう。
18.嵐伝でのモンスター初披露時、腰のイヤモニ機が落ちて速攻直してる時の素のクール顔 :何度リピしたことか
19.ムギギなウインク :あれが可愛いんだ…(めろめろ)
20.完璧な横顔
21.最後の約束にて、コーヒーショップのエプロン似合いすぎなところ :バーテンも相当期待しております(ぐぐっ)
22.お酒が入ると嵐愛を涙ながらに爆発させちゃうところ
23.肩の痣 :あれ、芸術です(真顔)
24.大きくてしなやかなダンス :カーニバルナイトUをがっつり見たいYO…!
25.お風呂関係に関してオープンすぎるところ :相葉さんだから許されるみたいなとこある気がする…
26.好きな気持ち、感謝の気持ちを素直にストレートに表現できるところ :これがわたくしにはなかなか出来ない(尊敬)
27.チビッコや動物の赤ちゃんに触れる時のやさしい手 :手からオーラが出てる(真顔)
28.腰 ←最重要項目!!
29.櫻井さんの落ちた落とし穴に飛び込んだ相葉さん(2011年)
30.「(*'◇'*)ノ デュクシ!デュクシ!」byたかはしひできしゃーがれ(2012年)
31. 「(グループの)足並みが乱れてきたら、全力でくっつけると思います」by日経エンタ(2013年)
32.(主に対女子に現れる)史上最強の男子力(わたくし比)(2014年)
33. DiscoStar様!!!!





33歳の相葉さんを語るに
やっぱり紅白司会決定は本当に大きいことなのですけれども
まだ本番を迎えていないこの段階で、
「紅白司会!」と言うのはまだ早い気もいたします。

と言いつつ、やっぱり今回とても印象的だったのは
司会者としての、コメントでしょうか。

でもこの先、僕の人生でこんなありがたいお話は一生いただけないと思います。
毎年年末に「あのときにお受けすればよかった…」と後悔するよりチャレンジさせていただきたいと決断しました。

悩んだ末に、後悔したくないと思って引き受けた、という想いが、これ以上ない率直さで語られていて
なんか、すごく説得力を感じたというか。


結構ね。
相葉さんは昔から、素直で一見当たり障りなくオープンなんだけど
本当の胸の奥は、あんまり見せてくれていないような気がしていて
(自分でも秘密主義的なこと言ってたし)
(そういう意味では、この間のVSできくちあみさんが「相葉さんは意外と壁がある」みたいなこと言ってたの
すごい!と思った・笑)

メイキングとか裏の姿は、別に見せなくてもいいと思うみたいなことも言っていた記憶があって
う…そういうとこ頑な…と思ったりもしていたんですけど

そして、そういう、ネガティブな姿は見せる必要ないって思っている人だからこそ
2009年7月、相葉さんの「やってもやっても不安って、伝わります?」
という日経entインタビューはちょっとビックリで
いや本当に余裕がないんだろうなあと思ったわけなんですけれども
でも、そういうの、もうちょっとこっち側に出してくれても良いのになーなんてわたくしは思っていて
(まあ、ファンは必要以上に心配しちゃうところがあるから、そこは塩梅が難しいのかも知れないけど)


そうしたら、
今月発売の、やっぱり日経entですよ。
相葉さんのインタビューで

人間は毎日常にハッピーなわけじゃない。それは僕らもそう。例えば、ハッピーにライブをやるためには決して楽ではないリハーサルがあるように。
でも僕は、そのハッピーじゃない部分を隠そうとは思いません。
今回のツアーは(中略)そういう部分も見せようっていうコンセプトで、正直、密着されるのがキツイときもあるけど、カメラに背を向けてしまう瞬間も、そのまんま見せています。


相葉さん、ちょっと変わったなあ、と思って。
ハッピーじゃない部分を、隠さなくてもいいと思えるようになったんだ、って。
少し、余裕が出てきのかなあと言うか

今年から始まった、ぐっすぽを見てても思うんですけれども
初対面の人に話を聞く姿勢も、
勿論、本人はそれなりに緊張しているんだろうと思うんですけど
こちらは本当にリラックスして見られる番組で
ちょっとね、いつのまにそんなに大人になってしまって…!って思うわけですよ。

なんかねー。
ここのところの、安心力というか、安定感というか、
あぶなっかしさが感じられなくなってきて
これは本当に、本人の努力の賜物だと思うので、あらためてカッコイイなあと思う反面
「はりきり敬礼(分かってくれる人いるかな…!)」が大好きなわたくし、
ちょっぴり寂しい気持ちもしてしまったり…(嬉しい寂しさですよ!


そして、相葉さんの言葉のチョイスに、いつもハッとさせられたりもしています。
相葉さんの言葉は率直で、的確で、すーっと入ってくる気がする(フィルター装着)
紅白司会の意気込みについての新聞のインタビューで
架純ちゃんを気遣って「負けると疲れが出るから勝たせてあげたい。でも引き分けがいいかな」って言ってて、そのメッセージも、良いなあと思ったんですよね〜。

そんなところで、
お誕生日に寄せる、相葉雅紀の好きなところ+1は、

34. 率直で飾りのない、ひたむきな言葉

でしょうか。
毎年言ってますけど、年を重ねるごとにものすごく素敵になっていっている相葉さんを形成している、
ひとつの大きな要素が、その語られる言葉だと思っておりますよ。


仕事をしていたら、理不尽だと思うようなことは誰にだってありますよね。
それは僕らも同じで、みんながみんな、自分の思い通りにいくわけはないんです。でもそういうことをきっちり受け入れた上で、ハッピーにならないと。(日経エンタ2017.1月号)



相葉さん、お誕生日おめでとうございます。
34歳しょっぱなに、最大級のお仕事が待ち構えておりますが
メンバースタッフ、そしてファンも一丸となって、背中を支えたいと思っております!
34歳の相葉さんにもまだまだたくさんの発見があるだろうこと、本当に楽しみにしています!
大切な人たちとHappyな毎日を過ごせますように!


あと、これだけは言っておきたいのは
公共放送局の報道畑出身の成人男性が
目に見えて相葉担になり堕ちていく様子が、目を見張る素晴らしさで(笑)
他の番組やラジオもチェックし「マスターのアップや発言が少ないのでは!」とまで!
確実にこちら側の民に…震笑
posted by はなお at 23:56| Comment(0) | 相葉さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。