2016年12月31日

2016


今年最後の更新など。


デリケートな話でなかなか発信することが難しいのですが
この1年の終わりのタイミングで書くのがいいかなあと思ったので。








2016年は、本当に、エンタメ界一体どうしちゃったのというくらい色んなことがあって
その中でもやっぱり
偉大な、唯一無二のグループ解散ニュースが大変な衝撃で
まさか去年の今頃は、1年後がこんなことになっているとは絶対に予想し得ない状況で
ずーっと心がざわざわしている1年でありました。

解散の理由やメンバーの心のうちは、わたくしには分かり得ないところで
何も言えないのですが
ファンの心境は、察するに余りあるもので
(もちろん、ファンの考えも十人十色だとも思うのだけど)
(そこの一片くらいは、わたくしにも想像できるところがあると思っていて)
25年という大きなアニバーサリイヤーでも、こういう結末に向かうことがあるのだという
(過去形で書いてないとこ分かって)
驚きと、ちょっと絶望というか、無情というか、無力感みたいなものも感じたりもして
なんかねー。本当にねー。なんだかなーですよ。


もちろん、何事も永遠に続くものはなくて
どんな組織もグループもいつかは終わりを迎えるもので
それはどこにどんな形で現れるのかは、誰にも予想できない中、
全員が納得・満足する終わり方ってほぼないのかも知れないですけど


そんなときに、
わたくしが、今、一番拠り所にしているのは
相葉さんがデジタリアンパンフで語っていた、
「上りっぱなしじゃないから、人生は。きっと、ちゃんと下りてもいくんだと思うから。
だから、そういう景色もやっぱり5人で見ていたいなって思います、俺は」
という言葉です。
今の状況がいつまでも続くとは限らなくて
というか、いつかは、この状況ではなくなる時が必ずくるはずで
そのときに、どんなに切ないシーンを見ることになるのかは分からないし
自分がそれをどう受け止めるかは分からないですけど
やっぱり、その5人が下りていく景色を、自己満足かも知れないけど、
わたくしも見届けたいと、思うわけです。

(でも、それもすごく難しいことなのかも知れない、とも思ったりした…)
(見届ける前に、景色がなくなってしまうことの方が多いのかも…と思ったり)

とりあえず、
相葉さんがそういう気持ちでいることが
いつかは、今が終わることに対する今のわたくしの不安を、ちょっと軽減してくれている。



で、この件で一番ショックだったのは
あの会社が、思った以上にダメだったこと。
所属タレントのマネージメントや展開の戦略は、それなりのノウハウがあるのかも知れないですけど
対消費者(ファン、世間)対策、まあ前から出来てないなあとは思っていましたが
この件では、全てがわざととしか思えないような悪手ばかり指している印象で、ここまでお粗末だとは…。
ただでさえ良くないイメージブランドが、本当に地に落ちてる印象なんですけど
そのあたり、会社の運営側の人たちはどういう認識なんですかね…
上層部の人たちは、世間に自分たちがどう映っているのかもっと真剣に考えた方が…
(何様口調ですみません。でも本当にそう思うんですよ、一連のこと見てると)
どちらが正しい、正しくないということではなくて、ものごとの進め方があまりに…




はっ!Σ(゚д゚;)
ちょっと!ダメダメ!
わたくしの応援する人たちはあんなに頑張っているのに
この年末こんなエントリになってるなんて、我ながらダメ!!乂(゚д゚;)
でも今年は、これに関しては、書かずにはいられない!我慢できない!



この大晦日、たぶんわたくしにとってはすごく思い出に残る1日になるに違いなくて
年が明けた2017年は、心機一転、上向きの気持ちでいきたいなとも思っております。
まあそれすべて、嵐の人たちはいつも最高の姿を見せてくれているので
気持ちが上向き云々は自分次第なんですけど。


いつも以上に意味不明な文章になってしまっている自覚はあります(笑)
とにかく2016年は、気持ちが揺れ動いた1年であったということで。

2017年、良い年になりますように!!!!

posted by はなお at 02:20| Comment(2) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然おじゃまします。
ひとつ前のエントリーを読んだ時にコメントしようとしたんですけど‥うまく文章にまとめられずやめちゃったんです。

私も相葉さんの言葉にグッとくることが多いので、すごく共感して。。
デジコンパンフの文章を思い出しながら読んでいたんです。
そしたら今回のエントリーで登場したから。゜(゜´Д`゜)゜。
読みながら涙出ちゃいました。
「きっとちゃんと降りてもいくんだと思うから」ってところ、この「ちゃんと」にすごく救われてるんです、…うまく言えないけど。

そんな相葉さんが後悔したくないから司会にチャレンジする紅白、見たら泣いちゃうかも(ノД`)
紅白1分PRで「恐縮してる司会ってあんまり見たくないもんね」って言うところもよかったです。
何が言いたいかわからないコメントになってしまいました、すみません。
いつも素敵な文章ありがとうございます。
読みながら「そうそう!」って首をたてに振りながら読んでいる読者です。
おじゃましましたm(_ _)m
Posted by かおり at 2016年12月31日 06:08


>かおりさんこんにちは☆

大変大変遅くなりました!
とっ散らかった、年末のエントリに、こんなお言葉いただけて
本当に嬉しいです!ありがとうございます!!

相葉さんはあの天真爛漫さがとっても魅力的なのですけど
それとはまた別に
物事をすごく正しく捉えている印象があって
かおりさんのおっしゃっていた「きっとちゃんと降りてもいく」の「ちゃんと」もすごく大事なワードだと思うのですが
色んな事を、すごく真っすぐに真摯に受け止めているんだと
あの言葉を聞いていると思えるんですよね。
「恐縮している司会ってあんまり見たくないもんね」も、まさに「あんまり強張らないで、楽しんで司会して欲しい」と思うファンの心を察してくれているようで
なんか、本当に、こちらが不安に思っていることをサラッと晴らしてくれるような言葉をくれて
ものすごく、安心するし、拠り所にしちゃっているところがあります。
かおりさんのおっしゃっていること、分かります!

紅白が終わって、今日から福岡で「味方しかいないコンサート」が始まりますので
ここで、相葉さんにまたパワーが注入されるといいなあと思っています。

本当にコメントをありがとうございました。(ぺこり)

Posted by はなお at 2017年01月06日 13:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。