2017年01月15日

萌えのかたまり



2017年も明けましてもう15日目、おめでとうございます。

嵐すきー、とりわけ相葉すきーに置かれましてはこの年越し、いかがだったでしょうか。

キンキさんの「愛のかたまり」は誰もが知ってる名曲でありますが
わたくしは年末年始、まさに萌えのかたまりにて七転八倒しておりました。









11/12の土曜日に青天の霹靂なお知らせを聞きましてから
決して大げさではなく、紅白のことが頭によぎらない日はなく(もっと他に考えることあるだろ)
コンサートなどでも折に触れその話題が出て、本人のプレッシャーを感じつつ
29日くらいから、リハーサルの様子もちょくちょくネットニュースに流れてき、
とうとう当日には“おれ、がんばる!!”などというメールまで送られてきて
しがないオタクの1人にすぎないわたくしも、
ううっ!><何にも力になれないこのもどかしさ…!><ガンバーーーッ!
と心で応援するしかなく

19:15を迎えたわけであります。


相葉さんの羽織袴の裾が短いのが気になり
架純ちゃんと初々しく司会進行を頑張っているのを見守り、
予想外に武田さんがフォローに入らず(笑)
マイク持つ右肩に力が入って、若干スモーキーピンクのスーツの襟元が浮いちゃってるのとか見て
もうずーーーーっと (*´д`*)ハウン ←こんな顔で見入っておりまして。


そんな中、やはり、各所各所で、メンバーのサポートを用意してくれていたえねっちけーできる子!

トップバッターは、大野さんが伴奏部隊を紹介してくれるのですが
大野「あいばちゃーん」に
「あー!リーダー!」って答えてる声がすごく嬉しそうに聞こえて(耳にもおたくフィルターかかってる)
見ていて、ホッとしたりして。
ピコVSあっちゃんのメンチ対決に巻き込まれる大野さんが会場のホッコリ笑いを誘ってて、グッジョブ!って思いました。
本当に、表情だけで笑いを取れる稀有な人だよさとしってば!


次に会場を盛り上げに出てきたのが二宮さんで、また飛び道具みたいな使われ方してるのさすが(大笑)
「レディース、エーンジェンルマーン!お待たせいたましたー」と巻き舌でキラキラ衣装でピョコピョコ出てくるの、うさん臭くて可愛すぎでしょ(ハウン)
また声が通るもんだから、それで押し切って一気に会場の空気変えたのさすがだなあと思いましたよ。
ピコ氏の途中から怪しげな薄いグラサンかけてきて(かわいい)
二宮さんに「一緒にやろっ一緒にやろっ」て腕絡まれてにのあいがあわあわしながら21時のニュースに突入したとこ全世界のお茶の間に流れたってホントですか!
ポンポコリンポ ペンポ パッ に一瞬相葉さんが「だっ」て何か言ってる瞬間にニューススタジオに切り替わって
いやわたくしもね。今回の紅白MVPは高瀬さんだと思うておりますよ(震笑)


松本さんは、大竹さんのプレゼンターで出ていらっしゃって。
松本さんのシックな黒のロングコートがものすごくお似合いで格好良くって
相葉さんのグレーなコートとの2ショットが恐ろしく麗しくって見惚れちゃいました。
松本さんが大竹さんの紹介をするときのマイクを持つ手が真っ白で
ああ、ものすごい緊張してるんだなあと思って見ていました。
歌い終わった大竹さんが、松本さんを見て、ふっと役が抜けたように見えて
ああ、松本さんの存在が、ここの大竹さんの支えにもなっていたんだなあと思えました。
背中を抱え合うようにして裏にハケていく姿もすごく良かった。


最後、15年ぶり再結成のイエモンさんの紹介で櫻井さんがいらっしゃって。
イエモンさんの曲の魅力を「クールで艶っぽくってセクシー」と表現してるのがさすがの櫻井さんで
後から見ていたらイエモンさんのファンの方々が「櫻井くん的確」っておっしゃってるのも嬉しかったです。
イエモンさんがスタンバイに行って、相葉さんと並んだ時に、
櫻井さんが喋ってる相葉さんの背中さすさすしていて
まさに「櫻井さん、背中に手を当てて労いそう」って思っていたので何かすごく勝手に嬉しくなったりして。
紅白でJAM聴けたの良かったな。


で。
いよいよ大トリですよ。
はー。やっと5人揃ったーーーーーーっ!て思って
ここまできたーーーーーーーーっって思いました。
わたくし、、そんなにウエットな質ではないので、相葉さんの紅白見て自分が泣くとは思ってなかったのですけど
A・RA・SHIの♪ユアマソーソーで相葉さんがセンターになったときに
急にふええええん(`;ω;´)ってなった自分にビックリした(かわいそう)

やっぱりさー、5人の安心力半端ないなあと思ったわけですよ
(はっ。でも決して相葉さんの1人仕事が不安ってわけじゃないですよ!!)

Happinessの途中辺りから相葉さん、あやしくなってきて。
あんな真顔のHappiness今まであった!?(笑)
One Loveで、相葉さん目がシパシパしてなかなか前を真っ直ぐに見られなくなってて
もう堪えてるのが手に取るように分かって
そんな相葉さんをやっぱり真っ先に気づくのが二宮さんで
大きなお口開けて笑ってて、大野さんも気付いてちょっと相葉さんを気にして
二宮さんなんか思い切り振り返って相葉さんのこと見てて
松本さんソロ後にみんなが一列に揃うところで大野さんがまた相葉さんを気にしてて
最後は出場者全員が壇上に揃って、♪ラララ…のところを歌って下さるのですけど
紅組のみなさんを盛り上げてる櫻井さんと
大野さんはもう相葉さんロックオンで、近づいていって
それに気付いた相葉さんが大野さんに手を伸ばして、大野さんも相葉さんの背中ぽんぽんして
多分それずーっと見てたっぽい二宮さんが一番端っこからもう我慢しきれずに寄って行って
松本さんも一緒になって相葉さんの側に寄って
4人からポンポンされて労われてる涙目の相葉さんがアップになって
後ろで五木さんも郷さんもヨシキさんも笑顔で(←ここ大事ww)
最後は5人ギュッと並んで、ラストポーズ、相葉さんがグッとこぶしを握って曲が終わって、
4人が後ろに下がる際に、櫻井さんが相葉さんの腕をポンと触ってて
この大トリシーンが、今回のわたくしの最大のクライマックスでありました。

投票の時間、すぐメンバーの方を向いちゃいがちな相葉さんが愛おしくてねえ〜
松本さんに「前向いて!」って言われちゃうところもたまらないです。


また、物議を醸した勝敗の結果ですけれども(笑)
視聴者票と会場の観覧票が大きく白組リードしてて
これはもう…!みたいな雰囲気が出場者全体に広がり
櫻井さんと五木さんがハイタッチなどして
優勝旗奪還をもくろんで、山っ子がそっと位置を代わって、
ボールが数えられてる間ずっと嬉し気にしゃべってるし(長男次男の悪だくみww)
そしたらまさかの、特別審査員票にて大逆転で。
(え?え?ってなってキョロキョロしてる架純ちゃんは激烈に可愛かった・笑)
架純ちゃんにサクサク優勝旗が授与され
視聴者と出場者の混乱をよそにサクサク番組が締められようとして
山っこに二宮さんがカウントシステムを説明してて。
ええ。わたくしもTV前で「えええ?タイムタイム!審議審議!」ってTV前で物言い付けましたけれども
まあ考えてみたら、この投票システム自体は毎年のことで
今年は、特別審査員票の白組得票数が圧倒的に低かったということなんですよね。
票分配のシステムは、分かるっちゃあ分かるけど、さすがにちょっと悶々していましたら
櫻井さんが、納得いかねえって顔してて(わたくしのフィルターではそう見えた)
なんかね、その顔見たら「ま、いっか」ってなった(笑)

ただ、これだけは言いたい。
特別審査員の人分かってんのかなあ?
白組のX JAPANがゴジラ止めたんだよ?
良質な音楽でゴジラを最後に冷らせたのX JAPANだよ?白組だよ?
そこのとこちゃんと受け止めていただきたかった!(クレーマー気質)


いやまあ放送が終わって年が明けてもしばらくは紅白について色んなこと言われてて
やっぱりなんやかんや言って、紅白って注目される国民的な番組なんだなあと思いまして、
個人的には、エネッチケーの笑いって、誰もつっこまないシュールさだと思っているので
ゴジラもタモマツ小芝居も、わたくしは大いに楽しい企画であったのですが
それにアレコレ言いたい人もいるだろうし
決して流れるような司会進行ではなかったことにイロイロ言いたい人もいるだろうなあ。

でも、やっぱり今年の紅白は、いつも以上に新しいことが多く
これは制作も司会も出場する方々も、バタバタで大変だったろうと思う中で
本番後に、郷さんや松田さんから「良い司会だったよ」って言っていただけたと聞いて
それが一番良かったなあと思うわけです。
歌手のみなさんに「良かった」って、言ってもらえるのが、司会の一番の大事な部分だと思うので。


個人的に、郷さんと土屋さんのところの、カメラワークがすごかったなあ。
曲のクライマックスからずーっと1つのカメラで回り込みながら撮ってるの、圧巻だった。
あれはエネッチケのカメラ技術の素晴らしさを実感しましたよ。



大トリってことだけでもう天地がひっくりかえるくらいの大ゴトですのに
更に司会なんてものすごい重圧だったろうなあというところで
相葉さんの頑張りと、4人が一所懸命それを見守って、ちょっとでも支えようとしていて
今年の年越しは、忘れられないシーンをたくさん見せてもらったなあと、ありがたく思っています。



カウントダウンにも4人が向かってくれて良かった!
まず、NHK出るところで、後ろの人たちと大盛り上がりしてるとこ好き!
あのスタッフさんたちは、嵐組の人かな?NHKの人かな?
櫻井さんが盛り上げスキルを発揮してイエーーーイ!って煽ってるのものすごく楽しい。
頑張ってドームに向かってくれたおかげで、
松本さんの指示で「はいっ」って車飛び出して猛ダッシュした可愛いエピソード聞けたし
4人が車中で着替えた揃いの背面あいばTシャツを着て、TVカメラにアピールしている「これぞ嵐」な部分も見られたし
本当に、2016→2017は、心にグッとくる瞬間の連続で、気持ちが満タンになりましたよ。

あー。この5人組が好きだーーーーー!ってずーっと思ってた年越しでした。


ということで、
今年もオタク道を疾走、とまではいきませんけれども
ふらふら徘徊していきたいと思っております。
どうぞ、よろしくお願いいたします(ぺこり)


posted by はなお at 00:55| Comment(0) | 嵐・歌番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。