2017年06月02日

そういうとこある。



昨日のVS嵐の、終わり方がすごく素敵だなあと思いまして。












最後の最後まで勝敗が分からない展開で

嵐チーム、リードを許していたんですけれども、
ラストゲームのボウリング、
なかなかの高得点をたたき出した印象もあって

みんなが固唾をのんで見守った点数は、結果、20pts届かず、相手チームの勝利で
20ptsは、ポンポンアタック(このワード可愛すぎww)のポンポン2個分だそうで
すると大野さんが「スマン!みんなスマン!」て謝って
いやそれだって、大野さんのせいじゃないと思うんですけど
律儀に謝る大野さんも素敵だなって。

で、なんとなくチームみんなが、「はー。惜しかったー(´・ω・`)」って
ちょっと凹みモードになりそうなときに(手応えがあっただけにね!)
相葉さんがすぐ「ナイスゲーム!ナイスゲーム!!」って立ち上がりながら拍手して
みんなもすぐ、ナイスゲーム!って拍手して立ち上がって
良い対戦だったね!白熱したね!みたいに、お互い称え合うみたいになって

空気が、ガラッと変わったんですよね。
なんかねー。
あのみんなの反応が、すごく良いなあと思いましてねー。

一番に、前向きモードに切り替えた相葉さんももちろん、
みんながそれに瞬時に反応して同調して、拍手し合うところがね、
良いなあ素敵だなあって、思ったんですよね。

嵐の人たちは、誰かを必要以上には絶対責めないですよね。

イジって笑っちゃうことはあるけど
それが行き過ぎることって絶対にない気がする。
誰かひとりだけが、つらい気持ちになったりする場面を、作らないですよね、みんな。

そこがね。
見ていて、いいなあ、って思う。
最後は絶対楽しく終わる。

前からもそうですけど
最近個人的に、松本さんが相葉さん見て笑ってることが多いように思えて
そこも見ていて楽しかったりします(´ー`)ホワン



posted by はなお at 16:38| Comment(0) | まごまご嵐/GRA/VS嵐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。