2017年07月21日

2017初夏の山観測





わたくしの低感度なセンサーでも感知しました山をご報告いたします。









2017年7月20日O.AのVS嵐にて。
ポーカーフェイスを装わなくちゃいけないゲーム中に
思わずとっさに櫻井さんを見てしまった大野さんシーン、
(゚Д゚)オオウッ これは相当な山を観測いたしました。

ハッてなってとっさに櫻井さんを見る大野さんと
その視線を「分かってるよ。見てるよ」的微笑みでもって受け止める櫻井さん…
やっぱりこの山、名峰すぎるんですけど!!!

5人でいるときはそんなに思わないですけど(何せわたくしの山レーダーはポンコツ)
やっぱり、年長2人の間には、ほかの組合せにはない、なんていうのかなー、
2人だけ通じる共有認識みたいなものがあるように思えて
そこは多少なりとも、下3人が入ってくる前からの、2人の歴史があるだろうし
これは勝手なわたくしの印象ですけど、男子校気質で年下からちょっと怖がられてたJr時代の桜井くん(あえて当時の表記)が
率直に尊敬をもって見てたのが大野さんなんだろうなあ、
で、その感覚は今でも変わっていないんだろうなあと思っているのと
風っ子からいじられはすれど積極的に自分から絡みに行く印象がない大野さんが
櫻井さんには自分から絡みにいく感じ(夜会のハワイグーテンモルゲン乱入)、
そしてそれに文句を言うわけでもなくまるっと受け止める櫻井さんというのが
わたくしの山観測記録でございます。
あとね、櫻井さん、とても大野さんを気遣っている感じがする。
もちろん、他メンバーに対してもそれはあるのだけど
大野さんって、己の大変さを周りに言わないし、
いっつもふわっとしていて眠そうな顔はすれどつらそうな顔は見せないし
そういう大野さんを、常に気にかけてるように感じるんですよね〜。
一番それを思ったのは、国立ドキュメント映像の、
リマカレコーディング時に櫻井さんが、ドラマ撮影中の大野さんに声をかけてたシーンなんですけれども。
そう言えば、VS忍びの国で、塗装塗りたてのボーリングピンに大野さんが手を伸ばした時の
櫻井さんの瞬発ダッシュ止めも、見事でありましたな…
ああいうのも、櫻井さんの大野警備網的なアレ(*´д`*)


えっと。
何の話でしたっけ。


そうそう。
なにかとっさのピンチ時に、思わず櫻井さん見ちゃう大野さんと
微笑んでそれを受け止める櫻井さんの図が
とっても良かった、って話(´ー`)(3行で終わる話!!!)




あと、
いつまでもDisco Starさま推しな櫻井さんになにか付け届けしたい。


posted by はなお at 15:07| Comment(0) | まごまご嵐/GRA/VS嵐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。